0
¥0

現在カート内に商品はございません。

【2024年2月末頃追加販売決定】Re:)am ポショルダー ポシェル3D 推し活バッグ 斜め掛けバッグ Relam(リラム) 23SA

通常価格:¥16,500 税込
¥13,530 税込
商品コード: rlmpce3dbkb ~ rlmpce3dnvy
関連カテゴリ
数量
カートに追加しました。
カートへ進む

「推しのぬいぐるみやフィギュアを連れて行きたい!」

とユーザーの皆様からお声をいただき、厚みのあるグッズでも入れられるようにと生まれたのが「ポショル3D」です。
YouTubeやSNSでオタク女子から意見を集めながら一緒に作ったので、おしゃれながま口斜めがけショルダーバッグでありながら、痛バッグ・推し活バッグとしても有能。
カジュアルに使える「キャンパス生地」の質感とカラーバリエーションで人気になった「ポシェル」の立体対応モデルとして好評でした。

おかげさまでご予約受付終了直後も
「再入荷の予定はありますか?」
「再販して欲しいです!」
「友だちが持ってて良いなと思ったら完売してて買えない!」
と再販希望のお声も多数頂戴しておりました。
価格帯としては決して安くないにも関わらず、クオリティを求めるお客様から多くの支持を頂くことができました。
予約数もアパレル業者の方にとっては予想外だったのか、大変驚かれていたのが印象的でした。

そこで今回は、推し活やぬい活を楽しむ方へ、よりおしゃれ度が高くて人気の「フェイクレザー」バージョンの「ポシェル」を立体対応にした「「ポシェル3D」をお届けします!

「もう少しビニール面があれば推しの顔が見えるのに…」

大変好評を頂いていたポショル3Dでしたが、ビニールポケットの高さを足して推しのお顔が見えるようになったら、というご要望も頂いていました。

最近は推し活グッズも多様化してきて大きさも様々です。
クレーンゲーム等の景品であるプライズ品だけでも多数の規格があります。
特に最近は、推しのぬいぐるみと一緒に出かけたりする「ぬい活」がより活発になりつつあります。
アニメ・ゲーム以外にもVtuberやアイドル等の様々な界隈で大きめのグッズやぬいぐるみが急激に増えてきています。

そこで推し活に使えるビニールポケットの構造を工夫して、グッズが見える範囲を大きくすることを実現しました。
デザインを維持しつつ改善するのにリテイクを繰り返すなど設計や縫製で大変苦労しましたが、以前の3Dモデルと比べて約1.5cm広くなっています!
これにより隠れていたお顔も、布地や生地が被ることなくしっかりと見えるようになりました。

これまでポショルおよびポシェルはハンドルの取り付け金具にDカンを使っていました。
Dカンはアクリルキーホルダーやストラップが付けやすいという理由でユーザーからも人気がありました。
ですが、バッグの中身の重さが想定以上であったり、不意に力が加わった際にはねじれに弱かったり、Dカンの向きが回転してしまうという弱点もありました。
もちろん、中身を入れ過ぎたり大きく力が加わることが無ければ、そこまで問題にはならないのですが。
もっと安心して使えるに越したことはありません

そこでデザイナーや工場などと

「より丈夫な仕様にすることはできないか?」

と会議を重ねました。
その結果たどり着いたのが、Dカンではなくねじれに強く金具の回転が発生しない「ハトメ金具」です。
金具の変更はビジュアル面にも影響を与えるため不安もありましたが、ユーザーの方へサンプルをお見せしてご意見を伺った結果、とても好意的に受け止めて頂けました。

そこで、何千種類という中からデザイン性や強度を兼ね備えたハトメを探し回りました。
しかしながら、サイズが大きすぎたり、デザイン性がポシェルに合わなかったりとちょうど良いものがありません。
結局、どうしても納得のいく形のものを使いたかったので、最終的にはハトメ金具専門の工場に依頼し、金型からポシェル専用のハトメ金具を製作することを決定しました。
こうしてサイズ・デザイン・カラー全てがオーダーメイドのポシェル専用ハトメ金具が完成しました。

目的であった強度も、ねじれなどが発生しないことからバッグの中身が多少重い場合でもしっかりと支えてくれる安心設計になっています。
また、今まで以上にナスカンも引っかけやすく、グッズなどもより付けやすくなりました。

Re:)amでは、製品を作る度に生地帳という生地のサンプル一覧を取り寄せています。

「今までよりさらに丈夫であること。」
「長く愛用できること」
「推し色のカラーバリエーションがあること」

と新たに条件を決めて、約3週間ほどかけて条件に合った生地を探してもらいました。
手元に複数の生地帳を取り寄せて、革の表面にある立体的なシワ模様であるシボ感や、触り心地の良さなどをひとつひとつ確かめていきます。

「色は良いけど少し安っぽく見えるかも」
「生地が分厚すぎて触り心地が固くなりそう。」
「生地が重いのでバッグ全体が重くなりそう」

など、不安要素をつぶしながら丁寧に生地を選びました。
結果として、今作は以前よりも厚みがありつつも柔軟な生地を使い、長くお使いいただけるような堅牢性を重視したものになっています。
さらに使い心地にもこだわり、ずっと触っていたくなるようなしっとりと滑らかなものを選びました。

おしゃれながま口斜めがけショルダーバッグとして生まれたポショルやポシェルは、ポショルダーという「ポシェット」と「ショルダーバッグ」のいいとこ取りをしたオリジナルカテゴリのバッグです。
その為、これまではショルダーバッグ用の長いベルトだけを付属品としてお付けしておりました。
ですが、毎日使って頂いているヘビーユーザーの皆様から

「ハンドバッグとしても使いたい!」
「推しをもっとアピールするように持ちたい!」
「荷物が多くて肩掛けできない時でも持ち歩きたい!」

というお声がたくさん届きました。
中には、ご自身で短いハンドバッグ用のベルトを自作してくださる方もいました。
「着物に合わせて持ちたい」といらっしゃいます。

これらのご要望はあまりにも熱量が高かったため、私達も付け替えることでハンドバッグになるベルトをご用意することを決意しました。
太さは今までのショルダー用ベルトと変わらず、スタイリッシュさを損なわない太さを維持しています。
長さは微調整を繰り返し、手に持った時、腕に通した時にバランスの良い長さでありながら、コートなど厚みのある上着を着た時でも肩にも掛けられる絶妙な長さで製作しています。
大抵の方は問題なくご使用頂けるかと思います。


「推しのぬいぐるみやフィギュアを連れて行きたい!」
の声に応えた高見えするおしゃれ斜めがけショルダーバッグ!

...

ポシェルの長財布やチケットが入るサイズ感、片手で開けられるがま口、収納力抜群のポケット、スタイリッシュなシルエットを残したまま「立体的なグッズをビニールポケットに入れたい!」というご要望を実現するのには苦労しました。
特に様々なグッズや推しを見せながら入れられるよう、マチの厚みやポケットの構造を見直すためにサンプルを作って微調整を繰り返すことに時間がかかりました。。 その結果、たどり着いた3Dシリーズは30mmのマチを付けただけではありません。
ポケット内部には芯材をあえて入れていない表地を使用していますので、実際には30mm以上の厚みのあるグッズでもある程度内側に膨らむことで収納することができます。
できるだけグッズの形を崩すことなく収納できるように工夫してあるのがポイントです。
もちろん、今までと同じように缶バッジやアクキーなどのグッズを並べるのにも向いています。


缶バッジもぬいぐるみも入れやすい!
ガバッと開いて痛バが組みやすいサイドファスナー!

...

これまでのポシェルは、バッグの背面のフロントファスナーからグッズを出し入れしていました。
その為、厚みのあるグッズを入れるのが難しかったり、缶バッジなどもビニールポケットいっぱいに配置するのが難しかったりしました。
そこで3Dシリーズは、厚みのあるグッズを入れるのを前提にしているだけではなく、缶バッジのようなグッズがファスナーに干渉して傷つくのを防ぐためにもサイドファスナー方式を採用しています。
このサイドファスナー方式もサンプル段階では見た目が不格好になったり、メインの収納力がなくなってしまったりと不具合の連続でした。
ですが、デザインのやり直しや工場への指示を繰り返すことで、今までのRe:)amユーザーからもお墨付きを頂ける満足のいく仕上がりとなっています。
がばっと開くファスナーがポケットの周囲にぐるっと付いているので、大きいグッズの出し入れも簡単です。
ポケット内部に直接バッジを付けるのも簡単になっています。
ファスナーの噛み合わせ部分であるエレメント(務歯)、引き手が付くスライダーもデザイン性を追求しつつ、操作性も兼ね備えたサイズを選択しました。


ポシェルは"あえて"推し色を外す色選び
だからこそ毎日使えて概念と一緒に過ごせる

...

ポショルのお姉ちゃん的存在のポシェルはRe:)amの中でも一番普段使いユーザーが多いシリーズです。
その理由は高級フェイクレザーを使用しているからだけではなく、「カラー展開」にあります。
今まで推し活としてのバッグというのは推しを強調する為に原色や派手めなカラー展開が多く、「普段使いには使いづらい」「現場以外では使えない」「原色のバッグを地元から持って行くことには少し抵抗がある」というお声も多くありました。
そこでポシェルはあくまで「普段使い」と「推しの概念カラー」をメインとし、大人女性が使いやすいカラー展開を重視しています。
もちろんポシェル3Dも同様にブラックやブラウンといったベーシックなカラーと推しを感じられるいわゆる概念カラーを揃え、誰にでも使いやすく普段のお洋服からも浮きづらい、そんな使いやすさを意識した展開となっています。



手が入れやすくなった
マグネットボタンポケット!

...

ビニールポケット側のマチを増やしたことに伴い、反対側のマグネットボタンポケットも1cmマチを追加してあります。
マチを追加することで見た目のバランスをよくするのはもちろんですが、これにより中の小物を取る際に手が入れやすくなりました。


パッと見オシャレなのに痛バにできる!
推しも荷物もまとめて入る!

...

家や地元駅からイベント会場や現場まで、痛バへの視線が気になることはありませんか?
気になることはあっても重い痛バが入るバッグを持って行ったり、隠す為に別に持っていかないといけないのは荷物が増えるし面倒くさいんですよね。
でも、ポシェル3Dなら推ししか入らないバッグと荷物を入れるバッグを別々に持つ必要はありません。
スタイリッシュなシルエットなのに推しも荷物も入れることができるオタク女子の為のバッグとして開発されました。

「推しは誇りたいけど擬態はしたい。」
「しかも、できるだけおしゃな感じで。」
無駄にフリルが付いていたり、色がどぎつかったり、安っぽい仕様だったりがほとんどの中で、ポシェルはおしゃれなバッグなのに痛バになるショルダーバッグとして人気です。
くるっと反対に向けるだけでグッズを入れる透明ビニールのクリア部分が隠れるようになっています。
大きな痛バだと隠しきれなかった部分も、バッグがコンパクトな分、身体にフィットして見えにくい仕様です。
裏返せば普通のシンプルで大人っぽいデザインのバッグなので周りも気にせずに現地まで向かうことができますよ。


「複雑過ぎてうちの工場では作れない」と言われた
ポシェット+ショルダーバッグ÷2=「ポショルダー」

...

「小さいのにいっぱい入るバッグが欲しい」
かわいいポシェットやミニバッグだと小さ過ぎて長財布が入らなくて困る。
おしゃれなショルダーバッグやトートバッグだと大き過ぎて荷物に対して無駄が多い。
そんな不満を解消する為に創られたのが、ポシェットとショルダーバッグの間ぐらいのサイズであるRe:)am(リラム)の斜めがけバッグ「ポショルダー」シリーズです。
国内で長年バッグ作りに携わっていらっしゃる工場の方に見せたところ、「複雑過ぎてうちの工場では作れない」とまで言われる程です。
しかし、この複雑過ぎる機構こそが「Re:)amのバッグは使いやすい」とたくさんの方に評価していただけているのだと考えています。
通勤の時、買い物の時、遊ぶ時とTPOに合わせて使い分けることが多い大人女子が使うバッグの候補の一つとして、この斜め掛けバッグのポショルダーがあればもっと便利になるはずです。


2000件以上のレビューを分析して
7時間にも及ぶ開発会議の末に完成!?

...

ポシェルは「本当に使える」と思っていただけるように「普段困っていること」や「実際に困ったこと」を解決するオタク女子のワガママを詰め込みました!
ポシェットやミニバッグ、ショルダーバッグやトートバッグなどのレビューを2000件以上分析して、たくさんの人が不満に感じていることを検証。
さらにターゲットとなるユーザーに直接ヒアリングを繰り返すことでヒントを得て、Re:)am(リラム)なりの答えを商品開発に反映しています。
またサンプルができあがる度に直接ユーザーに使用感を確認するなど、多くの時間と手間暇をかけて製作しています。
斜め掛けバッグとしておしゃれなだけではなく、オタク女子が開発に携わることで、推し活バッグ・痛バッグとしても使いやすくなっているのが特長です!
加えて、ポシェル3Dは既存のポショル・ポシェルユーザーの方からのご要望を開発にフィードバックして、より使いやすい仕様に仕上げています!


大きめ長財布もすっぽり!
貴重品の長財布がストレス無く入る!

...

そもそも、初めにこだわったのが長財布がストレス無く入るサイズを実現することでした。
その理由はイベントなどで貴重品を手元に置いておく必要があるからです。
小さめのバッグは貴重品を手元に置いておく為に必要になることが多いと思います。
でも、ポシェットやミニバッグのサイズだと貴重品の中でも重要な長財布が入らないものがほとんどでした。
オタク女子としてイベントに参加する時は、大きな荷物はロッカーに入れたり預けたりするので問題はないかもしれません。
ただ、貴重品を手元に置いておきたいのに長財布が入らない、荷物が入らない、というのでは困りますよね。
そこでポショルダーは、長財布がストレス無く入れられるサイズを基本にしました。

<サイズ>
バッグ本体(がま口部分の金具含まず)
17×25×11cm
クリアビニール面
13×23.5cm
ショルダー用ベルト(ナス缶部分含まず)
最短に調節した場合 65cm
最長に調節した場合 128cm
ハンドバッグ用ベルト(調整不可)
41cm

<重さ>
本体のみ 447g
ショルダー用ベルト 96.2g
ハンドバッグ用ベルト 44.4g


小さいのに見た目よりもたくさん入る!

...

例えば、移動先で手に入れたペットボトルが邪魔になったことはありませんか?
500mlのペットボトルなどは移動中によく飲まれると思うのですが、一気に飲み干すには女性にとって量が多い。 だから、ペットボトルを手に持って歩くことになります。
でもポショルは、そんな時でもペットボトルを中に入れても十分に余裕のある大きさなんです。
500mlのペットボトル2本が入るぐらい大容量のショルダーバッグです。
長財布・ペットボトル・スマホ・ボールペン・鍵・パスケース・ワイヤレスイヤホン・モバイルバッテリー・ハンカチ・ポケットティッシュ・ミニポーチ、見た目よりもたくさん入るので「小さいのにいっぱい入るバッグが欲しかった」大人女子にはピッタリです!
ポシェル3Dはビニールポケットをマチありにしながらもシルエットを維持するために、本体の厚みは2cmしか増えていません。
その為、メインエリアのマチ幅が少し薄くなってはいますが、口金の開き具合を従来と変わらない使用感にする為に調整を繰り返して今までとほとんど変わらない使用感を確保しています。
また、ビニールポケット部分に厚みのあるグッズを入れていない場合は、今までのポショルやポシェルとほとんど変わらない収納力を維持しています。


片手で開閉ができるがま口だから楽ちん!

...

一般的なポシェットやショルダーバッグはファスナータイプがほとんどです。
そのため、手に何かを持っていると、どこかに置かないとバッグをスムーズに開けられません。
片手でカバンを抑えながらファスナーを引いて開ける、というのが案外ストレスでした。
そこでこだわったのが、昔ながらのがま口です。
がま口の利点は片手で「パチン」とスムーズに開閉できること。
ポショルは片手で操作することにこだわった、がま口タイプのポショルダーです。
ちなみに、街中でバッグの口を開けたままにされているのを見て危ないと思われたことはありませんか?
バッグを開けっ放しにしているのもファスナーの開閉が面倒だからだと思われます。
ポショルなら、簡単にワンタッチで「パチン」とバッグの口を閉めることができるので楽ちんなだけではなく、防犯の意味でも安心です。


スクエアのがま口がスタイリッシュ

...

よく見るがま口バッグは丸みを帯びた可愛らしいものがほとんどでした。
ですが、可愛い形やデザインは大人女子が持つには少し抵抗があったり、コーディネートによっては合わせにくいこともありました。
そのお悩みを解決できるようこだわったのがスタイリッシュな四角いデザイン。

がま口はもともとはヨーロッパの生まれです。
貴婦人が舞踏会のお供にしたバッグが由来ですから、本来はかわいらしいというよりも洗練された美しさがあるものなのです。
そこでポショルは、一見するとがま口タイプだとはわからないオシャレ志向の形状を追求しました。
また、口金と呼ばれるがま口部分には、高級感を感じられる珍しいスクエアタイプを採用。
よく見られる丸い留め具(らっきょう玉と言います)ではなく、スッキリとした印象に仕上がる四角い留め具にもこだわりました。


使いやすさを求めミリ単位で調整されたフォルム

...

留め具に干渉する両脇部分はミリ単位で高さの微調整を何度も行い、がま口を開ける時も邪魔にならないように仕上げています。
それでいてポケットにアクセスしやすい高さにもなっています。
横から見た時に留め具だけがチラ見えするので、金属をふんだんに使って高級感を醸し出しているにもかかわらずスッキリとした見た目となっています。


3つあるアウターポケットが便利すぎる!

...

アウターポケットは利き手やバッグをかける向きが違っても使いやすいように両面に配置しました。
ロゴプレート側の外側は出し入れがしやすいようにファスナーなどがないフリーのポケットです。
ちょうどiPhone14Proが縦向きにもきちんと入る高さとなっています。

がま口のメインの横に配置されたポケットは2つとも中に入れているものが飛び出しにくいようにマグネットボタンを採用。
ささっと出し入れしたいICカードやスマホを入れてマグネットをパチっと留めれば、中身が落ちにくくなります。
マグネットボタンですのでがま口と同様に片手で扱えて便利で、すぐに閉められるので防犯面でも安心です。
ロゴプレートと逆の裏側はPPの透明ビニールで中が見えるファスナーポケットです。
テーマパークのチケットやコンサートの観覧券などを入れたり、駐車券や切符など中が見えると安心できるものを入れるのに便利です。
マチができたことにより、より多くのグッズや貴重品を入れることができるようになりました。
今までは入れづらかった大きめのパスケースやキーホルダーがついた鍵等も気兼ねなく入れられる収納力です。


アクキーが付けられる穴あきの引き手!

...

さらに、グッズやアクキーなどが付けられるようにファスナーの引き手は全方位に自由に動くタイプで穴あきのものを採用しています!
引き手にも推しを付けたい!
そんな欲求に応えるために細かい部分にもこだわっています!


インナーポケットも2つで使い勝手を追求

...

インナーポケットもアウターポケットと同様に、利き手やバッグをかける向きが違っても使いやすいように両面に配置しました。
ポケットティッシュがちょうど入る大きさにこだわり、大きすぎて中に入れたものが暴れることもありません。
片方にポケットティッシュ、片方に目薬やリップやお薬といった小物を入れるなど日常的な使い勝手を追求しました。
Re:)amのスクエアタグをさりげなく配置してあります。


肩が痛くなりにくいショルダーベルト

...

ショルダーベルトは痛くならない太さでありながら、見た目が野暮ったい印象にならない太さを検証し、ミリ単位で設定しました。
あまりに肩紐が細すぎるとたくさん荷物を入れたバッグの重さでショルダーベルトが肩に食い込んで痛くなってしまいます。
ポショルはショルダーベルトも実用的でありながらも、可愛らしさやおしゃれ感を損なわない太さにこだわりました。


ショルダーベルトは付け外しが可能

...

利き手やご利用シーンに合わせてショルダーベルトの付け方を工夫できるようにショルダーベルトは付け外しが可能です。
また、ショルダーベルトのフック金具であるナスカンはスタイリッシュな印象を大事にしてプッシュボタン式の鉄砲ナスカンではなく、平らなナスカンです。


Re:)amだけの大人かわいい特注カラー
推し彩る「ピンクゴールド」

...

ポショルの金属パーツはすべて珍しい大人カワイイ「ピンクゴールド」にこだわっています。
一口にピンクゴールドと言っても黄色味が強いゴールドよりのものから、赤みが強いピンクよりのものまで多数あります。
その中でも大人女子が持っていて高級感を感じさせつつ、可愛らしさも感じられる色味を選んでメッキ処理を施しました。
Re:)amのロゴが入ったロゴプレートをはじめ、がま口の口金やポケットのファスナー、ショルダーベルトのナスカンやDカンに加え長さ調整金具などのすべての金属パーツを特注の「ピンクゴールド」で統一しています。 しかも、外からは見えないマグネットボタンに至るまでが「ピンクゴールド」です。


糸もファスナーもカラーに合わせて使い分け
推しが「もっと」映える為のワントーン仕上げ

実はバッグのカラーによって糸の色を変えたり、ファスナーの布地部分の色を変えるというのはすごくコストがかかります。
布地のカラー一緒の色の糸を選んで色毎にミシンの糸を変えることに大変な手間がかかります。
ファスナーも同様に、ファスナーの布地の部分を合わせて選んで色毎に別々で準備すると非常に手間がかかります。
安価に済まそうと思えば、全て同じ色の糸を使い、ファスナーもバッグのカラーを無視した布地の色を使えば手間もかからず仕入れのコストも抑えることができます。
ですがRe:)amでは推し色に関わる色に対して一切妥協せず、全ての製品で糸やファスナーを含め裏地に至るまでバッグのカラーに合わせて1色ずつ指示を行っています。
裏地も何百色という色の中から統一感のある組み合わせを選び、推しを邪魔しない色を選び抜いています。
Re:)amはこの細かくて小さいこだわりこそが「推しを大切にする」ということに繋がると考えています。


DESIGNED IN JAPAN

ポシェルを含めRe:)amの製品デザインは日本国内で行っています。
こだわり抜いたアイデアをもとに、日本の製品基準をクリアしている工場で手作りしています。
また、全て日本規格のチェック体制でひとつひとつ丁寧に検品しております。
縫製の粗いものや縫い目が乱れているもの、50項目以上にも及ぶチェックリストを元に、検品で弾くよう指示しております。
さらに検針も3回行っているので安心できる商品のみがお手元へと届きます。


普通のメーカーでは考えられないくらいの
「高原価」でこだわりを追求

ポシェルは、ご覧いただいた通りたくさんのこだわりが詰め込まれたバッグです。
特殊なピンクゴールドのメッキ加工を施した金属パーツをふんだんに使い、厚手の生地を採用し、ポケットも多数配置するなど使用している布の量も多いものとなっています。
正直な話をさせていただくと原価率は非常に高くなっております。
事実、大量生産されたバッグやデザインをイチから行わずOEM生産されたバッグの販売価格以上の原価がかかっています。
ですが、その分ユーザーの要望を実現し、こだわりが詰め込まれた「楽しいを愉しむ」ためのバッグになっています!
製造サイドからは「この価格帯でここまでこだわってバッグを作っているのは、あまり聞かない」とお墨付きも頂いております。
大好きな推しのグッズを高品質なケースに並べて飾るように、大切な推しだからこそ品質にこだわったバッグに入れて頂けたらなと思います。


5mmにこだわったバッグを届けたい!

このポシェルは5mmの単位でこだわったバッグです。
「アウターポケットにアクセスするのに布部分を5mm下げてもっと使いやすく。」
「ショルダーベルトは細い方がおしゃれだけど、痛くないギリギリの太さを確保したい。」
「ネイルをしている人でも持ちやすい形状で。」
「ピンクゴールドの色味はもっと品のあるおしゃれで女性的な色味に。」
このようなこだわりを1つ1つ解決しながら進んできました。
そうしてやっとの思いでできあがったのがRe:)amのポシェルです。
もし、Re:)amのこだわりに共感していただけるようでしたら、この斜めがけバッグポショルダー「ポシェル3D」を、ぜひあなたのコレクションに加えて頂ければ嬉しいです。

※本商品は受注生産品となります。

受注数が一定に満たなかったカラーは商品化されない可能性もございます。 その場合、ご注文をキャンセルまたはカラーの変更をお願いする場合がございます。 ご不便をお掛け致しますが、予めご了承頂きますようお願い致します。

※本商品の写真はサンプル段階のものを使用しております。

製品版とは多少仕様が異なる場合もございます。
恐れ入りますが予めご了承ください。

<お届け時期について>

お届けは【2023年12月中旬~下旬頃】より順次発送を予定致しております。
楽しみにお待ちいただいておりますところお時間をいただき申し訳ございません。受注生産の性質上お時間をいただきますことをご理解いただけましたら幸いでございます。

◆Re:)am製品につきまして◆

お手元に届きましたらすぐに品物の状態確認をお願い致します。
大変申し上げにくいのですが、ご購入後数ヶ月経過してからの交換や初期不良などのご連絡を頂くことがございます。可能な限り対応はさせていただいておりますが、中にはご使用後数ヶ月が経過しているため初期不良かどうか判別の難しいものもございます。
お手元に届きましたら大変お手数ではございますがご確認いただき、初期不良や不具合が見られた場合は当店まで【1週間以内】にご連絡いただきますようお願い申し上げます。
原則、商品到着1週間以上経過した後の交換及び返品等にはお受けできかねますので予めご了承ください。
お手数をお掛け致しますが、長くご愛用いただける製品をより多くの方のお手元に届けられますようご協力の程よろしくお願い申し上げます。

カテゴリ一覧

ページトップへ

(予約受付期間 2023年9月1日 00:00 ~ 予約受付期間 2023年10月2日 01:00)

関連商品